お宿の客室と露天風呂からは、明星ヶ岳の大文字焼きを眺めることができます。

english
TEL
logo

pic
ファンゴ(FANGO)とはイタリア語で「温泉泥」のことです。
イタリアでは骨粗しょう症、リウマチや関節炎への有効性が医学的にも立証され、
飲泉(温泉水の服用)やインハレーション(温泉水の吸入)と共に人気の高い「温泉療法」の1つとして確立されています。「温泉療法」であるので、施設に常駐している医師(温泉療法医)の処方を前提とした「公的保険が適用されるセラピー」となっています。
pic
瑞の香り ファンゴ開発物語
pic
当館は、イタリアで保険適用を受けるファンゴと同じ製法で温泉泥の開発を行うことのできる株式会社アセンダントの直営旅館です。ここでは日本にいながら、イタリア本場のファンゴセラピーの施術を受けることができます。当館の温泉は箱根・大涌谷の温泉蒸気から醸成した成分の濃いにごり湯です。この温泉を一定期間、配合泥にかけ流すことで、濃厚な熟成温泉泥(ファンゴ)が誕生します。
pic
pic
ファンゴセラピーはエステ等で見かけられる、いわゆる「泥パック」とは全く異なります。
ファンゴセラピーで用いる温泉泥はかけ流し温泉によって熟成されており、1人あたりへの施術は約12kgと大量であり、れっきとした「温泉療法」であることがわかると思います。このおよそ12kgの泥には温泉成分である多種のイオンがあますことなく吸着されていますので、通常の温泉入浴よりもはるかに短期間で温泉の効能を体感することができます。
いわゆる「湯治」とは、およそ21日間の長期にわたって温泉地に滞在することで一定の効能を得る風習でした。ファンゴを使ったモダン湯治では、濃縮泥のおかげでもっと短期に温泉効能を体感できます。当館では日帰りファンゴの他に、週末金曜から日曜日の2泊3日プランもご用意しています。ファンゴを使った「モダン湯治」は、まさに忙しい現代人にぴったりのプログラムなのです。
pic
pic
ファンゴセラピーはエステではありませんので、男性も受けることができます。なるべく肌に直に温泉成分を吸着させたいということで、イタリアでは全裸で施術を受ける方も多いのですが、当館では女性には紙ブラジャーと紙ショーツ、男性には紙ショーツを着用してもらっています。施術者も女性と男性が選べますので、初めての方でも安心です。。
pic
pic
イタリア本場のファンゴセラピーを受けられる施設は、日本では富山県、石川県に次いで神奈川県が3ヶ所目です。北陸の2地域は共に、温泉の泉質が全く異なります。泉質が違えば異なる配合のファンゴが楽しめることが、日本でのファンゴセラピーの大変素晴らしい特徴です。現時点で関東でのファンゴ施設は、瑞の香り(箱根強羅温泉)しかありません。箱根は首都圏から近く、常に人気の高い観光地であります。また箱根大涌谷からの引湯されている温泉は、明治時代から療養泉としての活用が検討されていた名湯。その泉質を活用したファンゴは、箱根の新しい地域資源にもなります。箱根強羅温泉の新しいファンゴを体験しに、ぜひ当館へお越しください。
pic
fango
pic 当館でのファンゴセラピーは、「ファンゴハウス・アバノ」という専用の部屋で行います(アバノとはイタリアで有名な温泉保養地の名前です。下記のコラムを参照)。
「ファンゴハウス・アバノ」では、施術前にセラピストがカウンセリングを行い、お客様の体調や症状を把握したうえで、カルテの記入を行います。
個人差はありますが、施術後には大量の汗をかきますので、施術前後の水分補給をしっかり行います(ミネラルウォーターの提供をいたします)。
ファンゴセラピーはできれば月に1~2回程度のペースで継続することが理想ですが、1回だけであっても通常の温泉入浴より効率よく安全に温泉成分を体に取り込むことができます。たとえ施術の間隔が空いてしまっても、続けることが重要です。
カウンセリング
ファンゴセラピストによる施術・禁忌事項の説明があります。
血圧を測定し、カルテに記入を行いますので、日頃の健康状態を お知らせください。
pic
塗布
約12kg のファンゴを主として関節部分へ塗布していきます。 pic
温泉成分の吸着
麻布と毛布で体全体をくるみ、約20分程度温泉成分をじっくりと体に吸着させます。ダイナミックな温泉効果を体感できます。
pic
洗い流し
塗布した泥をセラピストが除去します。その後、シャワー室で残りの泥と汗を洗い流していただき、セラピーは終了です。
pic
pic 痛みを和らげる治療法の一つに、患部を温める「温熱療法(おんねつりょうほう)」があります。ファンゴセラピーはこの「温熱療法」に該当します。関節の上にファンゴを載せ、泥に吸着させた温泉の蓄熱で幹部を温めていきます。
痛みを引き起こす原因は、患部や関節内に起こる炎症です。こうした炎症や痛みを更に悪化させるのが「患部の冷え」と、それに伴う「血行不良」です。
体が冷えると血行(血液の流れ)が悪くなり、炎症を強める化学物質や疲労物質が流れてゆかずに関節内にとどまります。放っておくと、腫れや痛みはどんどんひどくなり、損傷箇所は治りにくくなります。
フアンゴセラピーの目的は体の血行を良くすることです。体が温まり、血行が促進されると、組織の新陳代謝がよくなり、痛みのもととなる化学物質が取り除かれやすくなります。また、筋肉や関節のこわばりがとれて、動かしやすくなります。
こうしたことからファンゴセラピーは、患部の冷
えによる血行不良が原因で痛みが悪化しているケ
ースで特に効果を発揮します。
<ファンゴセラピーのメカニズム>
①血流が良くなる → ②患部・関節の代謝が活性化 → 
③「痛みが和らぐ」「患部・関節を動かしやすくなる」

痛みに対する対処法には「温める」と「冷やす」の2種類があり、それぞれ適した状況があります。
<冷やす場合⇒ファンゴセラピーが出来ないケース>
冷やした方がよいのは、炎症が急激に広がって患部が熱をもっている場合です。
「捻挫・打撲・骨折」などの突発的なケガに見られ、急性の関節炎によって、強く急激な痛みを伴っている時は、ファンゴセラピーは行えません。熱をもっている箇所やその周辺を冷やすことで、痛みを軽減し、炎症の広がりや内出血を抑えることができます。ケガをしたらできる限り早く冷やすことが重要です。【参考】:応急処置法「RICE」
<温める場合⇒ファンゴセラピーが適しているケース>
温めたほうがよいのは、血行の悪さが痛みを悪化させている場合です。血行不良からくる痛みは、急激で激しい痛みではなく、肩こり・腰痛のような、重く鈍い感じの慢性的な痛みです。痛みがあってもひどく腫れたり熱をもっていない時は、温泉入浴とファンゴセラピーによって患部や関節を温めて、血液の流れを良くするのが効果的です。逆に冷やすと血行が悪くなり、症状が悪化します。
pic
順不同。あくまでも個人的な感想です。
年齢 性別  
73 施術後、帰るときの足の痛さが違う(改善されている)
73 翌朝の体の痛みがなく、入浴と比べて温まり方が違う
38 とにかく冷え性が改善されました
55 お腹に載せてもらって、便秘が解消された
74 汗を沢山かけるようになり、
血行が良くなったせいか顔色が良くなった
49 外反母趾の痛みが改善した
63 施術を受けて、肋間神経痛が出なくなった
63 肩こりが改善され、肌のつやも良くなった
50 翌日痛かった部位に湿疹のようなものが出たが、その後すっきりした
46 凄い汗にびっくり。施術後、1キロ体重が減っていた
58 昨夜の深酒の二日酔いがいっぺんに解消した
65 最初泥の暑さにびっくりした。続けることで徐々に寛解していることが実感できる
55 50肩の痛みが改善し、腕が上がるようになった
62 痛みが徐々になくなり、関節の可動範囲が増していくことを実感してる
74 肝機能が弱まって体中に湿疹ができたりしていましたが、
施術を受けて汗をたくさんかくことで、 薬の副作用で貯まっていた毒素を排出した
78 閉じていた体の汗腺が開いたような感じがする。冷えにも有効。
pic イタリアのファンゴセラピーで最もオリジナルな製法で温泉泥を作り、良質の品質を誇っているのは、イタリア北部(ベネツィア近郊)のアバノ・モンテグロット温泉保養地です。この地域の温泉ホテル、「プレジデントホテル・テルメ」をご紹介します。http://www.presidentterme.jp/service/
このテルメ(温泉保養地)では、湖底の堆積泥に温泉水を数ヶ月間かけ流しているのが特徴です。ファンゴプラントの中で、温 泉 の 成 分 と 堆 積 泥 に 含 まれる数種類の ミ ネ ラ ル 、そして微 生 物を数か月かけて熟成させていきます。この温泉泥熟成の過程で太陽光によって光合成が行われることで、藍藻類が泥の表面に繁茂していきます。ファンゴプラント中に繁茂する蘭藻類は株
が特定されており、これが痛みを軽減する成分を有しているとして国際特許を有しています。このようにして製造したアバノ・モンテグロット温泉保養地ファンゴは、温泉保養地の温泉研究所と国立大学の研究所が連携して品質管理が行われており、その効果効能(エビデンス)については学会で多くの研究報告がされています。温泉ホテルが立地する保養地には滞在に必要なインフラが整備され、施設には温泉ドクターが常駐しています。このようにファンゴに保険が適用されるというのは、そうした仕組みと背景のもとにおいてのことなのです。

pic ・ファンゴセラピー (45分)

8,000円(税込) (宿泊のお客様は500円引き)


・ファンゴセラピー+アロマタッチテクニック(90分)

13,000円(税込) (宿泊のお客様は500円引き)


アロマタッチテクニックとは、8種類の精油を使って、背中と足裏に施すマッサージです。
ファンゴセラピーの後に行うと、血流が増して深部体温が上がっていますので、深いリラ ックス感を得ることができますのでおススメです。


<連泊してファンゴセラピーを受けたい方に・・>
お得なファンゴセラピーの回数券があります。連泊してファンゴセラピーを複数回体験し、現代版・モダン湯治を堪能しては、いかがでしょう?


・ファンゴセラピー5回券

35,000円(税込) (1回あたり7,000円、500円お得!!)


・ファンゴセラピー8回券

52,000円(税込) (1回あたり6,500円、1,000円お得!!)


・ファンゴセラピー10回券

60,000円(税込) (1回あたり6,000円、1,500円お得!!)

Fangoとは guide service 求人募集
〒250-0408 箱根町強羅1321-395  お問い合せ: tel.0460-87-1150  e-mail info@miz-k.com
Home|施設案内|宿泊プラン|温泉|お食事|アクセス|主宰者紹介|お問合せ
|スタッフ募集|相互リンク|リンク集|サイトマップ|
Copyright © 2016 mizunokaori. All Rights Reserved.